>> 今すぐ改善するための秘策は?

自律神経失調症と亜鉛は深い関係にあり、亜鉛を摂取することで症状に効果がある

自律神経に関する食事

脳の神経伝達物質をつくる亜鉛は、不足することで精神的に不安定になることもあります。

そのために、自律神経失調症の方は摂取したほうが良いと言われる栄養素の一つです。

そこで、自律神経失調症の改善に役立つ亜鉛の効能と、どんな食べ物に亜鉛が含まれ自律神経失調症を改善するのかについて紹介していきます。

また、亜鉛は幸せホルモンのセロトニンとも深い関係があります。

亜鉛を補うことで、自律神経失調症にどのような効果があるのか紹介します。

さらに亜鉛が不足することで、インスリンの分泌が遅れるので、自律神経失調症の症状を引き起こすと言われています。

亜鉛は自律神経失調症の改善に有効

亜鉛は味覚細胞を形成し、新陳代謝を活発にして成長を促進する作用があることで知られています。

また、免疫細胞を活性化させたりする働きもあるのです。

さらには、自律神経失調症の改善に有効だと言われているのです。

なぜなら、亜鉛には脳の伝達物質を作る働きがあるからです。

そして亜鉛が不足してしまうと、精神的に不安定になることもあります。

このように、精神的に不安定になりやすい自律神経失調症の人にとって、多く摂取したい栄養素の一つが亜鉛だと言われています。

また、亜鉛はさまざまな方法で摂取できますが、食べ物にも多く含まれ、その食べ物が自律神経失調症に効果があると言われています。

その食べ物とは、牡蠣、豚のレバー、うなぎ、牛肉、カシューナッツ、アーモンドなどです。

亜鉛の不足と自律神経失調症には深い関係がある

亜鉛が不足することで、自律神経失調症の症状が出ると言われています。

それは、亜鉛が幸せホルモンのセロトニンに深く関係しているからです。

セロトニンが分泌するには亜鉛が関わるのですが、セロトニンが分泌することで、脳の機能の安定化に働きます。

そして亜鉛が不足することでセロトニンが分泌されなくなり、脳の機能などが不安定になり自律神経失調症になってしまうのです。

しかし亜鉛を補うことで、興奮し過ぎたり、気分が落ち込むのを防いでくれます。

さらに亜鉛を補うことで、質の良い睡眠をもたらせるなどの可能性が高く、自律神経失調症の症状を改善すると言われています。

血液検査の結果では交感神経が興奮状態にあって、ストレスをさらされていると考えられていた方が、亜鉛を摂取することで15人中10人は改善されているそうです。

このように亜鉛を補うことで交感神経と副交感神経のバランスが良くなり、自律神経バランスが良くなったと言われています。

亜鉛が不足するとインスリンの分泌が遅れ自律神経失調症の症状を引き起こす

亜鉛が不足してしまうと、インスリンの分泌が遅れると言われています。

インスリンは、血糖値を下げる役割のある唯一のホルモンです。

インスリンの分泌が遅れることで、グリコーゲンの貯蔵が妨げられます。

すると、血糖を維持することが難しくなり、その結果アドレナリンなどの血糖値を上げる作用のあるホルモンが促進されます。

アドレナリンのような血糖値を上げる作用のあるホルモンは、自律神経神経の交感神経を刺激して、緊張や興奮をもたらし自律神経失調症などの症状を引き起こすと言われています。

亜鉛は、吸収されにくい栄養素です。

そのため、ファーストフードやインスタント食品に含まれるリン酸塩などの食品添加物は亜鉛の吸収を妨げるので注意が必要です。

しかし、ビタミンCと一緒に摂取することで、吸収率は上がると言われています。

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「自律神経失調症を治したいけど、どうしたら治るの…」
と、お悩みではありませんか?
実は、東洋医学には1日3分あることをするだけで、自律神経失調法を根本の原因から改善する方法があります。
正常な体に戻り、ストレスのない快適な毎日を過ごすことは簡単なんです。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

人種、性別問わず、3歳くらいの子どもは、うつ病、パニック障害などの心の病を患いません。
また肩こり、腰痛、その他の身体に不調も患いません。
それが成長すつ過程で、早ければ小学生の頃から様々な心身の不調を感じ始めます。
心身の不調を患う方には、ほぼ全ての方と言っていいほど、目で見てわかる、ある共通した「身体的特徴」が存在します。
逆に健康な人にはその特徴は見られません。
その共通した「身体的特徴」を体から取り除くことで、ほとんどの方が120日間で、様々な心身の不調を根本的に改善(根治)でき、健康な体を取り戻すことができるのです。

慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する【心体きこう塾】

いつまでも治らない、治ったと思ったらぶり返す…
いい加減そんな状況を打破しませんか?
慢性の頭痛・腰痛・肩こり・冷え性・不眠、鬱・不安・パニック・自律神経失調症、その他、原因不明の不定愁訴でお悩みの方、難治性症状の専門家が、自宅でできるセルフコントロールをお伝えします。
長く耐えて来た痛みと苦しみから解放されてください。

自律神経に関する食事
自律神経を整える方法
タイトルとURLをコピーしました