>> 今すぐ改善するための秘策は?

自律神経はブルーライトによってどのような影響を受けることになるのか

自律神経の気になること

最近は誰もが暇さえあればスマホの画面を見ているのが当たり前になりました。


もうそれが当たり前になったことでスマホの無い生活はあり得ない状況です。


ですが、スマホを使うことで良くない事もあるのも確かです。


では、実際にスマホを使うことでどのような悪い影響があるのかというとよく言われるのが自律神経への影響です。


スマホによって自律神経に悪影響を与えると言われているので、スマホを使う時は注意して使う必要があります。

スマホのどの部分が自律神経に悪影響を与えるのか

スマホを使うことでなんとなく体に悪い影響があるというのは聞いたことはあっても実際にどのようなことでスマのせいで体に悪影響があるかまでは分かってない人も多いです。


よく言われるのがスマホの画面を見ていると良くない影響を与えるというのは聞きます。


では、実際にどのような事が原因でそのようなことが起きるかというとスマホの画面から出ているブルーライトによって自律神経が乱されてしまいそのためいに体に不調が起きてしまうというものです。


なので、スマホを使う時はブルーライトが出ていることを意識して使う方が良いです。


なぜなら、それを意識していればスマホを使う時に多少なりとも使用時間の短縮に繋がる事になるというのがあるからです。

ブルーライトによってどのような事が起きるのか

スマホの画面からブルーライトが出ていると言われてもそれで何が起きるか分かっていないとなかなか危機意識も持てないです。


では、実際にブルーライトによってどのような事が起きるかというと、ブルーライトが目から吸収されることで脳が覚醒状態となり興奮した状態になります。


これによって夜中にスマホの画面を見るのは睡眠の妨げになりそれによって生活のリズムが崩れます。


これが引き金となって様々な体調不良を起こす原因となってしまいます。


ただ、これだけ聞くと単に夜更かしをしているだけだと思う人もいるかと思いますが、実際はそれによって上質な睡眠ができなくなり自律神経の乱れと運がって行く事になるので、夜中寝る前にスマホの画面を見るのはやめた方が良いです。

ブルーライトによって自律神経の乱れを防ぐにはどうしたら良いか

いくらスマホの画面から出るブルーライトによって睡眠の質が悪くなってしまい、それが原因で自律神経失調症などになると言われてもそれでスマホを使わない生活はあり得ないという方も多いと思います。


では、他にどうすれば良いかというとどうしてもスマホを使いたいというなら、ブルーライトを軽減するフィルムを画面に施すなどしてできるだけ画面からブルーライトが出る量を減らすのが良いです。


これでスマホの画面を見てもブルーライトが出る量が減るので体への影響も抑える事が可能になります。


でるることなら寝る前にはスマホなど使わない方が良いですがどうしても使いたいという場合は、自律神経への影響を抑えるためにも、ブルーライトを軽減できるように専用のアプリを使うなどするべきです。

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「自律神経失調症を治したいけど、どうしたら治るの…」
と、お悩みではありませんか?
実は、東洋医学には1日3分あることをするだけで、自律神経失調法を根本の原因から改善する方法があります。
正常な体に戻り、ストレスのない快適な毎日を過ごすことは簡単なんです。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

人種、性別問わず、3歳くらいの子どもは、うつ病、パニック障害などの心の病を患いません。
また肩こり、腰痛、その他の身体に不調も患いません。
それが成長すつ過程で、早ければ小学生の頃から様々な心身の不調を感じ始めます。
心身の不調を患う方には、ほぼ全ての方と言っていいほど、目で見てわかる、ある共通した「身体的特徴」が存在します。
逆に健康な人にはその特徴は見られません。
その共通した「身体的特徴」を体から取り除くことで、ほとんどの方が120日間で、様々な心身の不調を根本的に改善(根治)でき、健康な体を取り戻すことができるのです。

慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する【心体きこう塾】

いつまでも治らない、治ったと思ったらぶり返す…
いい加減そんな状況を打破しませんか?
慢性の頭痛・腰痛・肩こり・冷え性・不眠、鬱・不安・パニック・自律神経失調症、その他、原因不明の不定愁訴でお悩みの方、難治性症状の専門家が、自宅でできるセルフコントロールをお伝えします。
長く耐えて来た痛みと苦しみから解放されてください。

自律神経の気になること
自律神経を整える方法
タイトルとURLをコピーしました