>> 今すぐ改善するための秘策は?

辛い自律神経失調症と肩こりの関係は?その原因と対策方法を紹介!

自律神経の症状

多くの方が苦しんでいる自律神経失調症には多くの症状があります。


代表的な症状に疲労感や精神的な不安定状態、そして今回紹介する肩こりといったものがあります。


今回、この肩こりの症状にフォーカスして、その原因と対策方法を紹介し、まとめました。


これを読めばきっと自律神経失調症の肩こり症状について多くのことを知ることができます。


それでは最初に、なぜ自律神経失調症で肩こりが起こるのか、その原因についてお話ししていきましょう。

自律神経失調症からくる肩こりの原因とは?

ここでは一言で自律神経失調症からくる肩こりの原因をお答えできればいいのですが、実際は原因が分からないことも少なくありません。


そのため、自律神経失調症からくる肩こりの原因は不明ということです。


しかし、その中でも注目されている原因として神経のバランスが崩れた状態というものが挙げられます。


肩こりの症状が出ている頸椎の中に頚髄と呼ばれる神経の束があり、ここに交感神経や副交感神経といったものが入っているのです。


この2つの神経が自律神経失調症によって機能しにくくなるとバランス機能が働きにくくなり、頸椎や周辺の筋肉の機能が低下して肩こりの症状を引き起こすとされています。


もちろん、これ以外にも自律神経失調症による体の不調で姿勢が悪化して肩こり症状を引き起こすなどさまざまな原因が考えられます。

自律神経失調症からくる肩こりの対策:自律神経失調症自体へアプローチ

自律神経からくる肩こりの対策として、原因となっている自律神経失調症の治療を積極的に行うことが挙げられます。


代表的なものとして、薬物療法、心理療法、音楽療法、生活習慣の見直しといったものです。


薬物療法は、自律神経の安定を図ることが期待できる薬物を使用して症状を緩和させたり、ホルモン剤を用いたホルモン療法を行ったりします。


心理療法は、過度なストレスを緩和したり、ストレスのコントロール方法を訓練することで心理的な原因によって発生した自律神経失調症の治療です。


音楽療法は音楽などを聴いたり、演奏することで精神の安定を図るというもので、最後の生活習慣の見直しは生活リズムの乱れた自律神経失調症に対するアプローチを行います。


これらの治療を行うことで自律神経失調症を軽減させ、そこからくる肩こりの症状を和らげます。

自律神経失調症からくる肩こりの対策:対症療法

自律神経失調症の回復には時間がかかります。


その間、肩こりの症状は続く可能性が少なくありません。


そんな時に有効なのが対症療法です。


つまり、肩こりの症状を直接緩和する手段を取ります。 姿勢の矯正、簡単に出来るマッサージやストレッチ、運動などの指導を行って、肩こりの症状自体の緩和を図ります。


また、自律神経失調症の薬の飲み合わせや体質に問題がなければ、肩こりを軽減する薬や湿布などの外用薬を利用するという方法を取る場合も少なくありません。


自分で行う肩こり体操を調べて、自分でやってみるという方法も確かにあります。


しかし、姿勢(座位、歩行時)、生活環境、仕事状況、就寝時の枕などの様々な要因を専門家が評価したうえで適切な運動療法の処方を受けた方が安全で効果的です。

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「自律神経失調症を治したいけど、どうしたら治るの…」
と、お悩みではありませんか?
実は、東洋医学には1日3分あることをするだけで、自律神経失調法を根本の原因から改善する方法があります。
正常な体に戻り、ストレスのない快適な毎日を過ごすことは簡単なんです。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

人種、性別問わず、3歳くらいの子どもは、うつ病、パニック障害などの心の病を患いません。
また肩こり、腰痛、その他の身体に不調も患いません。
それが成長すつ過程で、早ければ小学生の頃から様々な心身の不調を感じ始めます。
心身の不調を患う方には、ほぼ全ての方と言っていいほど、目で見てわかる、ある共通した「身体的特徴」が存在します。
逆に健康な人にはその特徴は見られません。
その共通した「身体的特徴」を体から取り除くことで、ほとんどの方が120日間で、様々な心身の不調を根本的に改善(根治)でき、健康な体を取り戻すことができるのです。

慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する【心体きこう塾】

いつまでも治らない、治ったと思ったらぶり返す…
いい加減そんな状況を打破しませんか?
慢性の頭痛・腰痛・肩こり・冷え性・不眠、鬱・不安・パニック・自律神経失調症、その他、原因不明の不定愁訴でお悩みの方、難治性症状の専門家が、自宅でできるセルフコントロールをお伝えします。
長く耐えて来た痛みと苦しみから解放されてください。

自律神経の症状
自律神経を整える方法
タイトルとURLをコピーしました