>> 今すぐ改善するための秘策は?

自律神経の乱れに困っているなら話題のペットボトル温灸を試してみよう

自律神経のケア方法

自律神経が乱れて体の不調に困らされている人は、話題のペットボトル温灸を試してみてはいかがでしょうか。

ペットボトル温灸と聞いても、何をするのかわからない人が多いかもしれません。

ですがペットボトル温灸は、お灸に関する知識がない人でも簡単にできます。

特に難しい知識や技術は必要としないため気軽に始められるのが、ペットボトル温灸の良いところです。

そこで自律神経の乱れの改善に役立つと話題のペットボトル温灸について解説します。

ペットボトル温灸の作り方について

ペットボトル温灸では、ホット用などで販売されているそれほど大きくない200ml程度のペットボトルを使います。

まずペットボトルに、3割ぐらいまで水を注ぎます。

その後、ペットボトルの中に沸騰したお湯を注ぎます。火傷しないよう慎重に注ぐよう注意が必要です。

中に水が入っていますので、だいたい80度程度のお湯になります。

お湯を注ぎ終わったら、あとはペットボトルのフタをしてペットボトル温灸の完成です。




たったこれだけの手順で、ペットボトル温灸は作ることができます。

慣れてくれば何分もかからないで作れるようになりますから、ちょっと自律神経の乱れが気になってきた時にすぐに作れます。

この簡単さが、ペットボトル温灸の良さです。

ペットボトル温灸の使い方について

ペットボトル温灸を作ることができたら、次はいよいよ使っていきます。

ですが使うといっても、何か難しい手順を踏むわけではありません。

自分が感じている症状を緩和するためのツボをみつけ、そこにペットボトル温灸を優しく当てるだけです。




たとえば自律神経の乱れが原因と思われれる肩こりが酷い時は、手の親指と人差し指の真ん中にある水かき部分にペットボトル温灸をただ当てるだけでOKです。

この部位は、合谷と呼ばれるツボです。ツボの位置は、正確でなくても構いません。だいたいの位置でも効果を見込めます。

また目の疲れが酷いようなら、首と肩の間の肩井と呼ばれているツボに当てれば大丈夫です。

ペットボトルのちょうどいい温かさが、自律神経を整えてくれます。

ペットボトル温灸を日常生活に取り入れよう

本格的な鍼灸院へと行かなくても自宅で手軽にできるのが、ペットボトル温灸の大きなメリットです。

自律神経が乱れていてどうも体調がすぐれないと感じた時は、ペットボトル温灸を試してみると症状が緩和されやすくなります。

体を温めてリラックスさせることにより、乱れていた自律神経が整います。

万が一ツボを正確にとらえていなくても、大まかに当たってさえいれば大丈夫です。




自律神経が乱れてくると日常生活のちょっとしたことをしようとするだけでも辛く思えてしまうものですが、そんな時こそペットボトル温灸がおすすめです。

自宅で簡単にできる、自律神経の乱れの対策方法です。

ツボの位置を把握すれば、いろいろな症状にペットボトル温灸で対応できます。

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「自律神経失調症を治したいけど、どうしたら治るの…」
と、お悩みではありませんか?
実は、東洋医学には1日3分あることをするだけで、自律神経失調法を根本の原因から改善する方法があります。
正常な体に戻り、ストレスのない快適な毎日を過ごすことは簡単なんです。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

人種、性別問わず、3歳くらいの子どもは、うつ病、パニック障害などの心の病を患いません。
また肩こり、腰痛、その他の身体に不調も患いません。
それが成長すつ過程で、早ければ小学生の頃から様々な心身の不調を感じ始めます。
心身の不調を患う方には、ほぼ全ての方と言っていいほど、目で見てわかる、ある共通した「身体的特徴」が存在します。
逆に健康な人にはその特徴は見られません。
その共通した「身体的特徴」を体から取り除くことで、ほとんどの方が120日間で、様々な心身の不調を根本的に改善(根治)でき、健康な体を取り戻すことができるのです。

慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する【心体きこう塾】

いつまでも治らない、治ったと思ったらぶり返す…
いい加減そんな状況を打破しませんか?
慢性の頭痛・腰痛・肩こり・冷え性・不眠、鬱・不安・パニック・自律神経失調症、その他、原因不明の不定愁訴でお悩みの方、難治性症状の専門家が、自宅でできるセルフコントロールをお伝えします。
長く耐えて来た痛みと苦しみから解放されてください。

自律神経のケア方法
自律神経を整える方法
タイトルとURLをコピーしました