>> 今すぐ改善するための秘策は?

自律神経失調症と涙を司る涙腺にはどんな関係性があるのかを解説

自律神経の気になること

自律神経失調症になった場合はいろいろな症状が顕著になりますが、その内の1つに目のトラブルがあります。

目が乾いてしかたない、涙腺から涙の分泌が正常になされていないなど、自律神経失調症が原因と思われる目のトラブルを抱える人は少なくありません。

一見関係なさそうな自律神経失調症と目のトラブルですが、涙腺のはたらきに自律神経は関係しています。

そこで自律神経失調症と涙を司る涙腺にどういう関係があるのかを解説します。

交感神経が優位になると目が乾きやすい

たとえば大きなストレスがかかったりなどで自律神経が交感神経優位になった場合、涙腺のはたらきに影響が出ます。

本来なら出るはずの涙が、出なくなってしまうのです。

涙は目を潤すことに役立つ、非常に重要な分泌液に他なりません。

その涙が正常に出なくなってしまったら、いつもと比べて目が乾きやすくなるのは当然です。

ドライアイのような症状になってしまうため、目に違和感を覚えてしまいます。

もしも特に自律神経が乱れていなければ交感神経優位ではなく副交感神経優位になるため、涙腺から涙が正常に分泌されます。

涙腺から涙が正常に分泌されれば、目の乾きに困ることはありません。

涙腺のはたらきには自律神経が関係しているため、このような現象が起こります。

目に違和感を覚えたら自律神経失調症かもしれない

目に違和感を覚えることは自律神経失調症だけに限りませんから、症状が出たからといってすぐ決めつけてはいけませんが、もしも目に違和感を覚えたら自律神経失調症の可能性があります。

自律神経失調症で交感神経が優位になっているため、涙腺のはたらきが正常ではなくなっているのかもしれません。

たとえばいつまでも目がショボショボしている、かすんでいる、とにかく目が疲れやすいなどは、涙腺のはたらきが疑われます。

年齢や目の使い過ぎでもこのような目の違和感を覚えることはありますが、それだけではなく自律神経失調症で目にいろいろなトラブルが起こってしまっていることも否定できません。

自律神経失調症は、目にも何かしらの症状が出ます。

自律神経失調症だと涙が出にくい

自律神経失調症かどうかを知るためのチェック方法の1つに、感動系のドラマや映画を観た時に涙が流れるか否かというものがあります。

感動系のドラマや映画にもかかわらず涙が出にくい場合は、もしかしたら自律神経失調症かもしれません。

それは普段から交感神経優位になっていて、涙腺のはたらきが弱まっているからだと考えられます。

感動系のドラマや映画を観て涙を流すことはとてもスカッとするため、とても良いストレス解消になります。

無理に泣こうとする必要はありませんが、副交感神経を優位にして涙腺のはたらきを正常にするためにも、感動するのはとても良いことです。

自律神経失調症だと涙が出にくくなってしまいますので、ストレス解消をはじめとした対策が大切です。

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「自律神経失調症を治したいけど、どうしたら治るの…」
と、お悩みではありませんか?
実は、東洋医学には1日3分あることをするだけで、自律神経失調法を根本の原因から改善する方法があります。
正常な体に戻り、ストレスのない快適な毎日を過ごすことは簡単なんです。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

人種、性別問わず、3歳くらいの子どもは、うつ病、パニック障害などの心の病を患いません。
また肩こり、腰痛、その他の身体に不調も患いません。
それが成長すつ過程で、早ければ小学生の頃から様々な心身の不調を感じ始めます。
心身の不調を患う方には、ほぼ全ての方と言っていいほど、目で見てわかる、ある共通した「身体的特徴」が存在します。
逆に健康な人にはその特徴は見られません。
その共通した「身体的特徴」を体から取り除くことで、ほとんどの方が120日間で、様々な心身の不調を根本的に改善(根治)でき、健康な体を取り戻すことができるのです。

慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する【心体きこう塾】

いつまでも治らない、治ったと思ったらぶり返す…
いい加減そんな状況を打破しませんか?
慢性の頭痛・腰痛・肩こり・冷え性・不眠、鬱・不安・パニック・自律神経失調症、その他、原因不明の不定愁訴でお悩みの方、難治性症状の専門家が、自宅でできるセルフコントロールをお伝えします。
長く耐えて来た痛みと苦しみから解放されてください。

自律神経の気になること
自律神経を整える方法
タイトルとURLをコピーしました