>> 今すぐ改善するための秘策は?

自律神経の不調によって起こる残尿感にどのように対処したらよいか

自律神経の症状

排尿をしたばかりなのに、尿が残っている感じがすることを「残尿感」といいます。

その原因には様々なものがあり、一般的には膀胱などに問題があって、泌尿器科で治療を受けることが有効と考えられています。

しかし、泌尿器科で検査をしても異常が見当たらず、実は自律神経の不調が残尿感につながっているというケースも多いのです。

自律神経のトラブルに伴う残尿感とはどのようなものでしょうか。そしてこれについてどのように対処したらよいのでしょうか。

自律神経の不調以外の原因について

尿が残っている感じがするときには、自律神経の不調を疑う前に、まずは泌尿器科を受診することが大切です。

近所に泌尿器科がない場合は、とりあえず内科でもよいでしょう。

子供の場合は小児科、女性の場合は婦人科などに相談することもできます。

残尿感に加えて発熱や腰の痛みなどがある場合は、膀胱炎や腎盂炎などが疑われます。

これらは細菌感染が原因なので、早めに抗生物質の投与をうけることが必要です。

また、男性の場合は年齢とともに前立腺が肥大し、それが残尿感の原因となる事もあります。

そのほか、過活動膀胱、間質性膀胱炎といった病気でも残尿感が生じることがあります。

特に、女性の場合は、更年期とともにこのような膀胱そのもののトラブルが増えてくると言われています。

残尿感がある場合は、これらの病気がないかどうか、きちんと調べてもらうことが必要です。

自律神経の不調で残尿感が起こるのはなぜか

上記のような泌尿器科関連の病気がないのにもかかわらず残尿感がある、という場合には、自律神経の不調が疑われます。

自律神経は人間の身体の、自分の意志では動かせない臓器の働きをつかさどっている神経です。

この神経が膀胱の働きにもかかわっており、膀胱の筋肉の働きを調節したりしているのです。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、一般的には緊張時には交感神経が働いて排尿を抑え、リラックスしているときには副交感神経が働いて尿を出しやすくするしくみになっています。

しかし、ストレスや冷え、睡眠不足、更年期障害といったことが原因となり、交感神経と副交感神経のバランスがうまく取れなくなることがあります。

そのため、尿が残っていないのに、残っているような感覚が膀胱の筋肉に生じてしまうのです。

自律神経の不調に伴う残尿感にどう対処するか

残尿感に悩むようなときは、まずは、他の病気がないか泌尿器科などで確認しましょう。

そして、問題がないと言われたら、内科や心療内科で相談するようにしましょう。

通常、このような残尿感がある場合、他の自律神経系の不調も感じていることがほとんどです。

不安や眠りの浅さ、めまいや頭痛などもあれば、自律神経の不調が疑われます。

ただし、子供の場合などはこのような不調を言語化できず、残尿感のみを訴える場合もあります。

内科や心療内科では薬を処方してくれたり、カウンセリングを用いて治療が行われます。

何より、ストレスがかかりすぎていないか、自分自身をよくかえりみて、十分な休養をとるようにしましょう。

また、冷えや睡眠不足などは自律神経の不調の原因になりやすく、残尿感が続く要因となります。

医者にかかるほどではない、と思ったとしても、残尿感は不調のシグナルなので、身体をできるだけ冷やさないようにし、十分に睡眠をとるように心がけましょう。

石丸式 東洋医学による自律神経失調症改善法

「自律神経失調症を治したいけど、どうしたら治るの…」
と、お悩みではありませんか?
実は、東洋医学には1日3分あることをするだけで、自律神経失調法を根本の原因から改善する方法があります。
正常な体に戻り、ストレスのない快適な毎日を過ごすことは簡単なんです。

試してよかった!「うつ病、パニック障害、自律神経失調症」改善法

人種、性別問わず、3歳くらいの子どもは、うつ病、パニック障害などの心の病を患いません。
また肩こり、腰痛、その他の身体に不調も患いません。
それが成長すつ過程で、早ければ小学生の頃から様々な心身の不調を感じ始めます。
心身の不調を患う方には、ほぼ全ての方と言っていいほど、目で見てわかる、ある共通した「身体的特徴」が存在します。
逆に健康な人にはその特徴は見られません。
その共通した「身体的特徴」を体から取り除くことで、ほとんどの方が120日間で、様々な心身の不調を根本的に改善(根治)でき、健康な体を取り戻すことができるのです。

慢性疾患、精神病、不定愁訴などの難治性症状を改善する【心体きこう塾】

いつまでも治らない、治ったと思ったらぶり返す…
いい加減そんな状況を打破しませんか?
慢性の頭痛・腰痛・肩こり・冷え性・不眠、鬱・不安・パニック・自律神経失調症、その他、原因不明の不定愁訴でお悩みの方、難治性症状の専門家が、自宅でできるセルフコントロールをお伝えします。
長く耐えて来た痛みと苦しみから解放されてください。

自律神経の症状
自律神経を整える方法
タイトルとURLをコピーしました